先輩社員たちのホンネ

梱包課 課長代理
衣斐秀行

プロフィール

2006年入社以来、梱包課一筋。風岡の取引先企業で同じ梱包の仕事をしていたところ、先代に「ぜひうちの会社へ」と熱心に誘われて、転職しました。

地域で風岡が指示されるのは、お客様がお困りのことを見過ごしてはいけないという風岡の姿勢。
「風岡に頼めば、なんとかしてくれる」。一番に頭に浮かべて、頼ってもらえる。ホント、ありがたいことです。

ホンネ

正直、きつい仕事もありますが、うちでしかできないから頼ってもらっている、お客様に頼ってもらえる嬉しさは何物にも代えがたい充実感があります。そして、そのことが必ず次の仕事で返ってくることが皆、わかっていて、日々のやりがいになっていると思います。
梱包・出荷は、社内での最終作業。お客様に届くまで、絶対に傷をつけないように細心の注意を払いつつ、良品提供への見極めも行っています。確実な商品を万全の状態で届ける現場のチェック機能としての役目も担っています。だからチェックはかなり厳しく、細かく行います。目標として掲げるのは、個々皆がレベルアップすること。会社全体として品質もあがってくるでしょうし、作業時間も短くて済みます。逆に失敗が起こると、一からやり直さないといけない分、時間も余計にかかってきますので、旧い人も新しい人もいるなか、高い平均点をとれる会社をめざしたいと思います。
新しく仲間になる人には、覚えることに対して貪欲な人に来てほしいですね。前向きな人には一生懸命に教えてあげたいと思いますし、自分たちにも刺激となり、会社としていい影響がでてくると思います。人数が多すぎたり、少なすぎたりではない会社だからこそ、できることが多々あります。自分の意見がトップまで確実に伝わるので、自分がやりたいことをぶつけて実践できる会社です。