先輩の声

佐藤智香

経理課課長

商業高校卒業後、美容学校で技術を修得しネイルサロンに勤務。土日休み、車通勤の条件で就活し、HPでの社員紹介が楽しそうな当社に注目。プール無料チケットなど、厚い福利厚生にも魅力を感じて入社を決める。

私達の仕事について

1972年に創業した風岡は、地元名古屋に根差した右肩上がりの堅実成長企業。私が入社してからも、好調業績はずっと続いています。入社当初は飛島工場の事務所で一般事務職を担当していました。その後、第2事務所での勤務を経て、やがて経理も任されるようになってから白浜町の本社事務所に移動し、現在、グループ会社を含む六つの会社の売上管理、給与計算などの業務を切り盛りしています。入社して8年、常に自身のスキルアップもでき、成長させてもらっていると実感する毎日。風岡には「会社と社員が共に栄える」という経営理念があり、実際そうなっていると思っています。
風岡では、やればやるだけ評価をいただけるので、大きなモチベーションに繋がっています。社員皆が集う総会で、新人賞やMVP賞という具合に表彰してもらえるんです。今年は、私の部下にあたる総務の新メンバーが受賞したのですが、自分が評価された時以上に嬉しかったですね。私の指導に一生懸命についてきてくれる部下や、頑張りをきちんと見てくれる上司、職場環境はとても恵まれていると思います。
風岡の総務部は、「残業はしない」が基本。定時で終われるよう、効率よく、スケジュールを管理し、仕事を進めます。その方が会社にとってもベストですし、各人も集中して働き、さらにプライベートも充実できるので、部下にも残業はしないように、と伝えています。もちろんイレギュラーなことも発生しますので、周りの人に残業が発生しそうな場合は、状況を確認したうえで必要ならば、手伝いますし、期限内に終わりそうならば、明日にまわすよう指示します。また、そういう状況が起きないように、余裕のあるスケジュールを組み、予定通りにいかなかったとしてもカバーできる仕組みを作っています。上が帰らないと下の人間も帰りにくいだろうし、まず自分が手本を示すために定時に帰る。スケジュールをしっかりたてて、きちんと進めていけば、皆、定時に帰ることができると考えています。
仕事はとても楽しいですね。会社運営の土台となる資金調達に携わることができる、大変重要な役目で、やりがいを感じています。やがて世代交代のときが来て、次世代である私たちの年代が上に立つとき、会社として資本があり、やりたいことに挑戦できる会社となるためにはどうしていけばいいか、今、しっかり学んで、ベースをつくりながら、きちんと理解をしておきたい。トップのかじ取りはふさわしい人にお任せして、その代わり、資金繰りの提案や最適な提供ができるようにできればいいなと考えています。結婚しても、仕事をやめるつもりはないです(笑)。辞めなくてもいい環境も整備し、働くママの見本になれれば嬉しいです。
総務の女子だけの飲み会を年に2回、開催しています。仲がいいと言っても、上司と飲みにいくことはやはり気を使うだろうし、頻繁に行わないのがポイントです(笑)。「ボーナスが入ったから御馳走するよ♪」みたいなノリで、女子社員だけで、言いたいこと、困っていること、嬉しいこと、すべてはきだして、かなり盛り上がります。

求める人材

信頼できる人。
経理事務は会社の財布を采配する事もあるので、いい加減な人では困ります。我慢強く、仕事に取り組める人でなければ務まらないですね。比較的業務の幅が広いので、最初は仕事を覚えるのが大変かもしれませんが、そんな環境でも粘り強く一つずつこなしていこうとする姿勢を持った人が向いていると思います。

メッセージ

社員同士の絆が深いのも風岡の大きな魅力です。ひとつの目標に対して、全員が同じ方向を向いて進み、仕事をやり遂げる喜びをみんなで分かち合っています。これから入られる方も、同じように一緒に楽しく仕事をしていけたらと思っています。いいスタッフばかりなので、ぜひ風岡においでください。