塗装の可能性を信じて、前進するのみ。
君の人生のカラー、風岡で塗りかえてみないか?

風岡は、1972年に塗装業の会社としてスタートしました。
創業から47年、安定成長を続けており、業績も絶好調です。
愛知県津島市白浜町に本社をかまえ、白浜工場、海部郡飛島村の第一・第二工場の3つの工場を稼働させ、自動車やバイクの部品からオフィス用品、工作機械、電気製品などの各種塗装を24時間営業で行っています。2018年に新設した白浜工場では、県内でも希少設備となる、40フィートコンテナサイズでも収容可能な大型ラインを完備。巨大ハンガー(格納庫)を持つ強みを活かし、今後は最新テクノロジーの活用も積極的に進め、“風岡の代名詞となる独自の新しい塗装技術”を創出したいと考えています。
風岡では「できそうだからやってみよう」ではなく、「他社のやらないものをやる」「他社が苦手なものをあえてひきうける」が基本。そうして他社を引き離し、大きく成長してきました。もちろん、そこには仕事をしていて楽しい環境がベースにあります。「楽しさ」を起点にすることが、自分たちにしかできない仕事をやりぬくエネルギーになるからです。
仕事をしていて楽しい環境をつくるために、業績を伸ばす必要があって、だから他社がやらないことにも挑戦しようという明確な図式。
自分たちにしかできない仕事をする、世界で唯一の会社になりたい。
明るい職場で仕事を楽しみながら自分の役割に誇りと責任を持つ。
そこから自由な発想とチャレンジ精神が生まれ、新たな用途開発や、塗装技術の向上に繋がると確信しております。
この方針を貫くことで、社員もイキイキして、楽しみながら仕事に取り組んでいます。
「社員一人ひとりがイキイキと仕事をする会社になる」ことをビジョンに掲げ、風岡は前へ、前へ、飽くなき挑戦を続けていきます。