代表取締役からの挨拶

創業以来、塗装一筋に邁進し、間もなく半世紀。
お客様のさまざまなニーズに高品質でお応えしてまいりました。

株式会社風岡は、愛知県に塗装工場を有し、「粉体焼付塗装」や「溶剤焼付塗装」といった工業塗装事業を中心に、45年以上の実績を積み重ねてまいりました。
1972年の創業以来こだわり続けているのは、塗装の目的である耐久性、美しさのための装飾性の実現です。素材を劣化させる環境からの製品保護と、製品美観を通して、お客様の商品価値を向上させることはもちろん、前処理から洗浄、乾燥、冷却、塗装、後補正、焼付、検査、梱包の工程を一括して行う弊社へ塗装業務をアウトソーシングしていただくことで、お客様の仕事の効率アップにもご活用いただいています。 おかげさまで、弊社の環境に配慮した塗装設備と確かな塗装技術には高いご評価を頂き、自動車やバイクの部品からオフィス用品、工作機械、電気製品まで、幅広い業種の企業様とお取引させていただけるようになりました。 2006年より24時間稼働体制を構築し、生産性を落とさず品質を確保したまま、納期の短縮に対応できる設備と技術力を誇っています。さらにはお客様のご希望の納期に確実にお届けできるよう、8台の自社トラックと7台のリフトをフル稼働させ、弊社スタッフが安全に、お引取り&納品できていることも弊社の強みの一つとなっています。

2018年には、多様化するお客様のご要望に応じるため、愛知県津島市白浜町に本社を移転、それを機に白浜工場を新規建築し、稼働をスタートさせています。新工場では県内でも希少設備となる40フィートコンテナサイズでも収容可能な大型ラインを完備。超高耐久・遮熱など、高機能・高性能を付与した風岡の代名詞となる独自の新しい塗装技術を創出するべく、最新テクノロジーの活用を進め、お客さまや社会のニーズを先取りした価値を創り出していきたいと考えています。
海部郡飛島村の第一・第二工場、新しい白浜工場の3工場をもって、小型から大型、極少から多量ロット、短納期など、今まで以上に、お客様の多種多様なご依頼に応えることが可能になったと自負しております。もちろん最新設備の導入のみならず、独自技術の向上を視野に入れた人材育成も不可欠と考え、社員一人ひとりがよりレベルの高い技術にチャレンジできる教育体制にも注力してまいります。また地球環境保護の観点から、製造段階での低環境負荷を含め、環境に配慮した作業の徹底も行ってまいります。
「品質・納期を第一に、お客さまのニーズにあわせ、“迅速”“きめ細やか”に対応できるように日々努力していくこと」を実践していくことで、風岡の未来が続いていくものと確信しています。
今後も多様化するお客様のニーズに、こだわりの技術と幅広くスピーディーな対応でお応えすることで、社会的に有意義な企業であり続けられるよう、社員一丸となって邁進して参りたいと存じますので、皆様のご支援ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

株式会社風岡 代表取締役社長 風岡俊亜